視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

過労(かろう)

過労とは、仕事などで体や心に障害が現れるほどの疲れやストレスがたま・トいる状態をいいます。

ほとんどの場合は自発的ではなく、強制的にこうい・ス状態に追い込まれるか、本人の意思に関わもy谀
Eを超えて労働などを行・トしまう状態にあります。

過労が目に与える影響としては、まず眼精疲労(がんせいひろう)とよばれる状態が考えられます。眼精疲労の状態になると、疲れ目や充血だけでなく頭痛や肩こり、肌荒れなど全身に症状が現れるようになります。

つまり、過度の目の疲れは全身的な病気につながるということがいえるのです。目の使いすぎの状態も、初期の段階では目がしょぼしょぼしたlィすみ目のような症状が現れます。通常はこの時点で目の疲れを自覚するようになります。

ただし、必ずしも目を酷使したことが原因とは言い切れず、何かしらの病気などが隠れている場合もありますので注意が必要です。症状が出てしま・ス段階で、既に目は酷使され過労の状態に入りつつあります。これは、肉体的な過労だけでなく、ストレスなどかrYq_的な過労も大きな原因の1つであるといえます。

こうい・ス症状の予防や改善のためには、日常生活において様々なことに注意すると効果的です。例えば、仕事や勉強で机に向か・トいるときには、目が近くなりすぎないよう気をつけます。見る対象のものと適切な距離を維持し、背筋を伸ばして姿勢を正しくします。

また、パソコンなどのモニターを見続けるのも過労の原因とされます。その場合、本などを読む場合と比べて距離を離すことが大切です。同時に、照明の明るさの調節も重要です。明るすぎず・キぎない自然な照明は、目を過剰に働かせる必要がないため過労を防ぐことができます。

仕事などでコンピュータを使う場合は、モニターとの距離を遠めにとり明るさを調節するとともに、休養を間に入れらキともとても大切です。

疲れ目やかすみ目などの目の症状は、過労の危険信号だとa曹ヲます。適切な休養を取・スりストレスの解酬@を身につけらキとで、たま・トしま・ス過労のはけ口を作り少しでも長く快適にものを見らキとができるようにすらキとが重要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.