視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

光干渉断層計検査(ひかlィんしょうだんそうけいけんさ)

光干渉断層計検査とは、光干渉断層計(OCT)という機械を使・ト網膜(もうまく)の断層映像を画像にして視神経線維(ししんけいせんい)の状態を調べる検査です。

これは、目の奥である眼底(がんてい)部分に祉A赤外線を当てて反射した波を画像化するもので、これまで血管造影(け・ゥんぞうえい)などで診断していた網膜のわかりにくい異常の発見や診断が数分でできるようになりました。

したが・ト、造影剤などを使わず短時間でできるため、患者の負担もほとんどなくなりました。

この検査では、目の奥を断面かもヘらキとができるので、新生血管(しんせいけ・ゥん)とよばれる異常な血管の状態が詳しくわかります。また、網膜が剥離(はくり)したり浮き純I・トいる状態などもひと目で診断すらキとができるようになりました。

釘ノ翼。熄瘁iりwbないしょう)では、これまでは視野に異常が出てかi、野検査(しやけんさ)を行い発見されらキとも多くありました。翼。熄痰ヘ重い視力障害が残らキとがあるため、早期発見が大きな壁とな・トいました。

ところが近年、初期の段階で網膜の神経線維の部分に異常が出てくらキとが分かり、光干渉断層計検査による診断は早期発見の重要な事bかりとな・トいます。

さらに、翼。熄痰ニ診断されてからも、定期的な視野検査と併行して行うことで病気の進行を確踀ノ把握できるようになりました。

そのほか、姥班変性症(かれいおうはんへんせいしょう)などの黄班の異常の診断にも役立・トいます。

このように光干渉断層計検査は、患者の健康状態に左右されずに正確に診断できる検査として、また病気の早期発見のための重要な検査として欠かせないものして今激Rらに普及していくものと考えられています。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.