視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

蛍光眼底造影検査(けいこうがんていぞうえいけんさ)

蛍光眼底造影検査とは、造影剤(ぞうえいざい)を使・ト目の奥の血管の状態や、通常ではなかなか見つけらキとのできない網膜(もうまく)などの異常を調べるための検査です。

検査の方法は、瞳孔(どうこう)を開く点眼(てんがん)薬を入れ腕の唇ャか・k影剤となる色素を注射します。

それから眼底写真(がんていしゃしん)とよばれる目の奥の写真を眼底カメラで30枚くらい撮影します。注射した色素は血管内で光るため血管は白く写りますが、血管が詰ま・トいる部分は黒い影のように移ります。

そのため、正常な部分と異常な部分が明確にわかります。踀ソの検査時間は10分程度ですが、点眼薬の影響で視野がぼやけますので、その効き目が州ヲる5~6時間は車などの運転は注意する必要があります。また、注射した造影剤は尿に排泄されますので、一時的に尿の色が黄色になります。

蛍光眼底造影検査は、糖尿病網膜症(とうにょうd・うもうまくしょう)や姥班変性症(かれいおうはんへんせいしょう)、ぶどう膜炎、網膜の血管が詰ま・トしまう閉塞症(へいそくしょう)などの網膜の病気が疑われる場合に不可欠な検査とされています。

検査によ・ト、網膜の血管から血液成分が漏れている場合やなんらかの異常がみられる場合のその場所を迭閧オたり、治涌罇jを決めるための判断忌Tとなります。

ただし、蛍光眼底造影検査のための造影剤の注射によ・ト、吐き気やむかつき、じんましんなどのアレルギー症状を起こすことがあります。また、まれにショックを起こすことがありますので、注射をする際には全身状態に注意しながら行う必要があります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.