視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

超音波眼球検査(ちょうおんぱがんきcCけんさ)

超音波眼球検査とは、腹部や胸部などと同じように目に超音波を当てて反射してきた波を合成して画像として映し出し、眼球の中の状態を見る検査です。

白内障(はくないしょう)などの病気によ・ト水晶体(すいしょうたい)が濁・トしまうと、目の中の様子を見ようとしてもなかなか見えません。そうなると、診察も困難になるだけでなく診断ds確にできなくなります。

そこで超音波眼球検査を行うことで、目の中の様子を踀
ロの画像として見て、正常な組織と比較しながら悪いところをみつけらキとができるので診断しやすくなります。

超音波眼球検査は、重い白内障の診断には欠かせません。水晶体がひどく濁り目の奥が見えにくくなるため、網膜にどの態度の障害が出ているかなど肉眼的に観察できません。

そこで、超音波眼球検査によ・ト画像化して見らキとで、中の状態を確認します。そのため、白内障では必ず行わなければいけない検査とな・トいます。

また、白内障で手術を受ける前にも、この検査を行う必要があります。網膜剥離(もうまくはくり)や出血、腫瘍(しゅよう)などの有無も検査する必要があるからです。超音波検査をすらキとで、異常のある場所や位置、大きさなどを確かめらキとができ、さらに眼軸長(がんじくちょう)とよばれる目の奥行きの長さを確認すらキとができます。

一度白内障が悪化して水晶体が濁・トしまうと、視力の回復は不可能です。そこで、人工の水晶体を移植するなどの処置が必要になります。

この時、個々の視力回復に合・ス眼軸長の人工水晶体を埋め込む必要があり、超音波検査によ・トそれを確認すらキとができるのです。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.