視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

シルマーテスト(しるまーてすと)

シルマーテストとは、涙の量を測定する検査で釘ノドライアイなどの診断のためには欠かせないものです。

涙が不足すると、目が乾燥するだけでなく感染などを起こしやすい状態に陥ります。そこで、涙の分泌が正常に行われているかを検査すらキとで、それに対すりY置や治輸sうことが可能になります。

シルマーテストでは、7×50ミリ程度の細長い涙紙(るいし)といわれるろ紙を使います。先端を折り曲げて下まぶたにはさみ、5分間目を閉じておきます。この時ろ紙に浸み込んだ涙の長さを測らキとで測定します。

通常は、正常だと10mm前後といわれ、5mm以下ではドライアイの可能性があります。この測定は一度でなく5分ごとに数回行い、確踀ネ涙の量を測定します。ドライアイ自体は他にも様々な症状を伴うため、他の検査も行い総合的に診断を行います。

また、このようなろ紙を使う方法の他に、まぶたのへこんだ部分にたま・ス涙を灸水を使・ト測定する灸水法(きんしほう)という方法もあります。

シルマーテストでは、以前は15mlを忌Tとして涙が不足しているかどうかを判断していました。しかし、現代人では目の乾燥は社会現象化しつつあり、15mlを忌Tとすると膨大な数の人がドライアイに含まれてしまいます。そこで、現在では10mlあれc、竭閧ネいとされています。

目の乾燥や疲れ目などを感じている人は、眼科でシルマーテストを受けらキとで自分の涙の量を確かめらキとができます。乾燥は目にと・トは非常によくない環境ですので、原因究明と共に適切な処置を早めに行うようにすらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.