視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

神経線維層厚測定(しんけいせんいそうこうそくてい)

神経線維層厚測定とは、哲黷ネ機械を使・ト網膜(もうまく)の神経線維層とよばれる部分の厚みを測定するもので、翼。熄瘁iりwbないしょう)の最新の診断法とされています。

翼。熄痰ヘ、現在失明の原因第3位といわれていますが、その他の重い病気と比較してcカ覚症状がわかりにくいために早期発見の難しい病気としても知られています。

これまでの翼。熄痰フ検査は、眼圧検査(がんあつけんさ)や眼底検査(がんていけんさ)を行うのが主流でしたが、この検査ではあまり異常の見られない翼。熄痰フ患者も多くいるため、正確な診断を行うことが難しく失明や重い視力障害の予防の壁とな・トいました。

また、翼。熄痰フ検査で行う視野検査は5分以上の長い時間を要するため高齢の人は疲れてしまい、蠀閧オた検査値を測定すらキとができませんでした。

そこで、この新しい検査法である神経線維層厚測定では、わずかな時間で正確な検査結果を得られるため翼。熄痰フ診断に大きく役立・トいます。

この装置では、共焦点(きょうしょうてん)レーザーというものを使い、測定装置の中を覗き込むだけで短時間で終わります。測定される人の負担が非常に少ない上に、わかりやすいカラーの図やグラフなどで表示され、定期的な検査による病状の時間的な比較もできますので翼。熄痰フ進行状態を把握するためには大変便利です。

また、糖尿病網膜症(とうにょうd・うもうまくしょう)や視神経症(ししんけいしょう)などの神経に関わる病気の診断もできますので、失明などの重い目の障害を予防する上で非常に画期的な検査といえます。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.