視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

角膜内皮細胞検査(かくまくないひさいぼうけんさ)

角膜内皮細胞検査とは、角膜の一番内側にあり角膜をクリアに保つ働きをしている角膜内皮細胞の数やそれが集ま・トできた膜の形、大きさなどをスペキュラーマイクロスコープという機械を用いて調べる検査です。

釘ノ、コンタクトレンズを使用している人やレーシック手術を控えている人にと・トは大変重要な検査です。

通常、角膜内皮細胞は1mm平方あたり2500個以上といわれています。しかし、コンタクトレンズを使・ト酸素不足が続いたり外傷などでこの細胞にダメージがあると、再d焼生すらキとができません。また、年齢とともに減少していくこともわか・トいます。

釘ノ最近では、コンタクトレンズの普及に伴い目に対する負担がとても大きくな・トきています。そのため、コンタクトレンズを長期にわた・ト使用している人などは、定期的に角膜内皮細胞検査を行・ト細胞の状態を確認する必要があります。

また、視力矯正術(しりwbきょうせいじゅつ)であるレーシックを予定している人にと・トは、角膜内皮細胞の数は大変重要なポイントとなります。検査によ・ト細胞の数が1500以下の場合には、レーシック手術は受けらキとができません。また、その数が1000より少なくなると角膜をクリアに維持すらキとができなくなるため、視力に重大な障害が現れる恐れがあり角膜移植(かくまくいしwb)なども視野に入れておかなければいけません。

いずれにしても角膜内皮細胞は非常に大切な細胞であり、角膜内皮細胞検査は様々な角膜の病気を発見する重要な事bかりになるとともに、視力矯正術を蠀Sかつ正確に行うために大切な情報を得らキとができる検査なのです。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.