視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ランドルト環(らんどるとかん)

ランドルト環とは、世界中で視力検査の際に使われているアルファベットのCに似た記号のことをいいます。

フランスのエドモンド・ランドルトが考案した記号で1909年に国際指標として認められた規格です。

この検査では、5mの距離を置いた場所から直系7.5mm、線の太さ1.5mmのランドルト環に作られた1.5mmの切れている部分を見分けられる状態が視力1.0とされています。正確には1度の60分の1の角度を確認できる視力とされ、その角度が大きくなるほど視力は悪いという判定になります。

視力が0.5の場合ランドルト環の大きさは1.0の2倍で0.2では5倍ということになります。つまりより小さいランドルト環を識別できるほど、視力がよいということになります。

また、視力検査表の一番上にある最大のランドルト環が認識できない場合は、検査表までの距離を縮めて測定すらキとがあります。

最近では、紙に印刷されたランドルト環ではなく、機械によ・ト写し出されたものによ・ト検査を行うものもあります。ランドルト環の代わりに平仮名や片仮名、シルエットなどを使うこともあります。

ただしランドルト環による検査は、部屋の明るさや体調などにも左右され、見え方がは・ォりしていてもぼやけていても同じ判定にならキとから、必ずしds確とは言い切れません。


ロの視力には様々な要素が関与しているため、正確な視力の測定を行うには、それぞれの目の状態に適した視力検査をする必要があります。また、視力が極端に悪い場合なども、ランドルト環による検査以外の方法を取・ト視力の指標とすらキともあります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.