視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

色覚検査(しきかくけんさ)

色覚検査とは、ものを見るときに色が正常に認識できているかどうかを調べる検査です。

色覚に異常がある状態は色盲(しきもう)ともよばれ、日常生活や仕事上で支障が出る場合があります。色覚検査によ・ト異常が見つか・ス場合には、自分の見え方がどのように違・トいるのかを認識した上で日常生活を送る必要があります。

色覚検査にはいろいろなタイプの検査方法がありますが、も・ニもポピュラーなものは仮性同色表とよばれるものです。これは、見た目に区別しにくい2つの色を組み合わせて数字などが書かれた物です。このタイプで現在世界的も最もポピュラーに使われているのは石原式色覚検査表といわれる検査表です。

これは、色相(しきそう)の検査としてはとても簡単で効率のよい検査法です。他にも、東京医科歯科鎗マ色覚検査表や大熊式色覚検査表、標準色覚検査表などがあります。

ただし、いずれds常な状態と異常な状態の区別をつけるには有効な検査ですが、どのようなタイプの異常かを調べるにはやや不向きといえます。

色相配列検査法では、赤から赤紫へと虹のように少しずつ父ヨサしていく16色の色を销ラていく検査です。それぞれの色のついた棒状の器具をばらばらに配しておき、最初の1色から順に销ラなおしていきます。

程度の軽い色覚異常なら問題なく销ラられますが、重い人では迭・的な销ラ方をすらキとから異常の分類まで迭閧キらキとができます。ですから、色覚の異常の程度を検査する方法として使われています。

そのほかにも、ランタンテストやアノマロスコープとよばれる検査がありますが、いずれも哲黷ネ検査で一般的には行われていません。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.