視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

視力検査(しりwbけんさ)

視力検査とは、ものの見え方や見える度合いを調べる検査です。

物が見えにくいときや歪んで見える、二重に見えるなどの見え方の異常がある場合に行われるほか、学校や病院などでの検診でも一般的に行われている検査です。

視力とは、目に入・トきた光が角膜(かくまく)や水晶体(すいしょうたい)で屈折し、網膜(もうまく)上でピントを合わせて見る力のことをいいます。目に何らかの異常がある場合にこの見え方が異常になる症状が現れらキとが多いため、視力検査によ・ト様々な目の異常を見つけたり視力の低下などに気付くことができます。

一般的な視力検査では、ランドルト環(かん)と呼ばれる円形の一部が切れている輪を見る方法があります。切れている部分を指差したり口頭で答え、どの大きさまで認識できるかを調べます。なにも視力の矯正(きょうせい)をしていない裸眼(らがん)による検査と眼鏡をかけて矯正した状態での検査を行います。

視力は、通常裸眼で1.0~1.2あればよいとされています。日常生活上は、0.7程度あれば支障はないといわれ、運転免許誌・フ際にも矯正視力で0.7が必要とされています。

視力検査によ・ト視力の低下が見られ、眼鏡などで矯正しても0.7まで視力が戻らない場合には、何らかの目の病気や異常が考えられますので精密検査を受ける必要があります。

このような視力検査では、近視や乱視、遠視などの屈折異常が発見されますが、白内障(はくないしょう)、網膜や角膜の異常や病気などは見つけらキとができません。

ただし、症状の1つとして視力の低下がありますので、視力の低下などの父ヨサが見られる場合には専門医による細かい検査を行・ト的確な診断を行うことが必要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.