視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

細隙灯顕微鏡検査(さいげきとうけんd┃ょうけんさ)

細隙灯顕微鏡検査とは、細隙灯とよばれる拡糟iかくだいきょう)を使・ト眼球を見る検査で、視力検査、眼底検査(がんていけんさ)、眼圧検査(がんあつけんさ)と销ナ基本的な眼科の検査として大切なものです。

細隙灯とはスリット状の穴の開いたライトから細い槍濯の光が出るもので、それにより目の中に光を当てて顕微鏡で拡総ツて観察します。結膜(けつまく)や角膜(かくまく)、虹彩(こうさい)、瞳孔(どうこう)、水晶体(すいしょうたい)、硝子体(しょうしたい)などの目の組織を拡総ツてみらキとで、通常肉眼では気付かないような傷や炎症などの異常を見つけらキとができます。

また、翼。熄瘁iりwbないしょう)や白内障(はくないしょう)などの目の病気の診断をするためにも役立ちます。

検査方法は、検査用の機械に顎を乗せて固定した状態で目の中を拡総ツて画像を写します。検査中は痛みを感じらキともなく、短時間で終わらキとができますので患者の負担はほとんどありません。また、専用の哲黷ネ機械や器具を併用すらキとでさらに細かい検査が可能になります。

例えば、細隙灯顕微鏡検査用の眼圧計を使・ト眼圧を調べたり、専用のコンタクトレンズによ・ト細かい眼底検査もできます。

隅角鏡(ぐうかくきょう)とよばれる哲黷ネレンズを使・ス検査では、目に栄養を与える房水(ぼうすい)の出口とな・トいる隅角部分の細かい検査ができます。これは、翼。熄痰フ場合には非常に重要な検査とな・トいます。

細隙灯顕微鏡検査によ・ト様々な病気や傷などが見つか・ス場合は、医師の指示に従・ト速やかに治輸J始する必要があります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.