視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

オートレフケラトメーター(おーとれふけらとめーたー)

オートレフケラトメーターとは、目が外から入・トきた光を屈折する力をわかりやすく数値化したり、屈折に大きく関係している角膜(かくまく)のカーブの強さを一度に測定できる機能を持・ス機械のことで、ほとんどの眼科に設置してあります。

このようなオートレフケラトメーターの持つ2つの機能のうちの屈折計と同じ機能では、角膜の屈折の異常を見つけらキとができます。

近視や乱視、遠視などは大きく分類すると屈折異常とよばれ、外から入・ス光を屈折する際に何らかの原因で正常に網膜(もうまく)上に焦点を合わせらキとができず、視力に障害が現れてしまいます。

このような異常がある場合に、その異常の程度を調べらキとを目的として、屈折する力の強さを屈折力という数字で表します。その検査を行うのがレフラクトメーターともよばれる屈折計の役割です。

また、この屈折する度数が眼鏡やコンタクトレンズを作る際の忌Tとなりますので、正確な測猪b必要です。

2つ目はケラトメーターとも呼ばれる機能で、角膜曲率検査(かくまくきwbりつけんさ)という角膜の丸みの度合いを測定すらキとができます。もともと角膜は丸みを槍т┸曲線をしていますが、この丸みの強さなどを調べmスによ・ト角膜がどの程度の屈折力を持・トいるかがわかります。

レーシックなどの視力矯正手術(しりwbきょうせいしcUゅつ)やコンタクトレンズを作るときなどに必要とされています。

検査の方法は、まずオートレフケラトメーターの前に贀闌鰍`きます。そこには野原と赤い屋根の家があります。同じところをみていると画面がぼやけたりは・ォりしたりと父ヨサします。このわずかな時間の検査によ・ト角膜の屈折する力を確定したり異常の有無を見つけらキとができます。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.