視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

角膜曲率検査(かくまくきwbりつけんさ)

角膜曲率検査とは角膜曲率半径計測検査ともよばれ、レンズ型の角膜(かくまく)の丸みがどの程度の曲線を持・トいるかを調べる検査です。

釘ノ、レーシックなどの視力矯正(しりwbきょうせい)手術の前に行われ、手術の適用が可能かどうかを調べらキとができます。通常行われる視力検査は見えるものを口頭で答えるため、健康状態に左右されたり見え方も一定でないなどの理由かwヤ確な視力を把握できるとはいえません。

そこで、眼科的に正しい視力を得るために行うのがこの検査です。近視や乱視、遠視とい・ス屈折の異常がある場合の屈折の状態と、角膜の曲線の曲がり具合の半径を測定します。

角膜曲率検査は、オートレフラクトメーターやオートケラトメーターとよばれる自動の機械を使・ト行います。踀
ロには、角膜の真ん中の部分の3~4mmの部分のカーブの度合いを測定します。通常、角膜の屈折の度合いを調べる検査と同時に行われらキとが多いようです。

この曲率とよばれるカーブの度合いによ・トは、レーシックの適用とならない場合があります。角膜を直接削るレーシックでは、角膜のカーブの曲がり具合の程度が非常に重要な要素となるからです。そのため検査によ・ト正確な曲率を測定する必要があるのです。

また、この検査によ・ト円錐角膜(えんすいかくまく)などの角膜の異常が見つからキとがあります。角膜の病気や異常は、場合によ・トは視力の障害が長く続いたり後遺症として残る場合がありますので、検査によ・ト異常が見つか・スらできるだけ早く治輸J始すらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.