視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

矯正視力検査(きょうせいしりwbけんさ)

矯正視力検査とは、いろいろな度数のレンズを使・ト検査表を見らキとで最も視力のよい状態を見つける検査です。

通常は、学校などでよく行われる形式であhナ眼検査(らがんけんさ)と呼ばれる視力検査を行・ス後に踀{されます。近視や乱視、遠視などがある場合には、矯正(きょうせい)用のレンズを使・ト最大視力を出すようにします。

レンズをつけた状態で赤と緑の線の見え具合を確認します。赤い方がよく見えるときは近視、緑の方がよく見える場合は遠視とされます。また、場合によ・トは弱視(じゃくし)が見つからキともあります。このように、矯正視力検査を行うことによ・ト、どういうタイプの屈折異常があるのかが分からキとになります。

他にも検査にはいろいろな種類があり、近視や乱視、遠視などの屈折異常の検査以外に、すぐ近くのものがどのように見えるかを調べる検査や像をぼかすことを利用して調べる雲霧法(うんむほう)、乱視を調べるクロスシリンダー法などがあります。これらを複合して行う事によ・ト、正確な検査を行います。

矯正視力検査は、レーシックなどの視力矯正手術の前には必ず行われます。これによ・ト、レーシック後にどの程度視力が回復できるかの予測が可能になります。

さらに、白内障(はくないしょう)、翼。熄瘁iりwbないしょう)などのレーシックが適用とならない目の病気が見つからキともあります。角膜(かくまく)の異常や病気も見つけられるので、術前の判断材料としてとても重要な検査とされています。

これらを総合的に判断して、医師が手術を行えるかを判断すらキとになります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.