視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

屈折検査(く・ケつけんさ)

屈折検査とは、視力検査の1つで釘ノ光の屈折機能の程度や異常を調べるためのものです。

目は、外から入・トくる光を角膜(かくまく)や水晶体(すいしょうたい)で屈折し網膜(もうまく)の上にピントを合わせらキとで鮮明な像として認識しています。

ところが、この屈折の度合いに異常があ・ト屈折が強すぎたり祉Vぎたりすると、ピントがうまく合わず近くや遠くが見えにくいという視力の異常が現れます。これらの異常を測定するために行うのが、屈折検査です。

一般的に行われている視力検査では、一定の距離離れた所から徐々に小さくな・トいく文字や記号を口頭で答え、どこまで見えたかによ・ト視力を測定します。これはスネレン視力検査と呼ばれ、屈折検査とは少し異な・ス目的で行われるため、屈折検査とは区別されます。

屈折検査は、オートレフラクトメーターと呼ばれる専用の機械を使・ト自動的に測定します。これは眼科でよく見られる機械で、顎(あご)を乗せて赤い点を見らキとですぐに測定できる機械です。

機械の中に見える赤い点を見ている状態で目に光を当て、その光に対する反応の父ヨサを自動的に測定します。こうして屈折の異常を自動的に計算し、近視や乱視、遠視などの度合いを測ります。

オートレフラクトメーターの検査はわずかな時間で可能です。また、自動的に視力の矯正(きょうせい)に必要なレンズなどの計算まで行います。

屈折検査では、一般的に行われている視力検査よりも根本的な視力の異常を詳しく知らキとができるので、視力の矯正を行うためには重要な検査です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.