視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

散瞳検査(さんどうけんさ)

散瞳検査とは、点眼薬(てんがんやく)によ・ト強制的に瞳孔(どうこう)を広げて目の奥の状態を調べる検査をいいます。

瞳孔は、本来明るさによ・ト大きく広が・スり小さく縮んだりするものです。しかし、目の奥で何かしらの問走b生じたときに、外かもヘただけでは奥の方まで見らキとはできません。

そこで、散瞳薬という点眼を使・ト瞳孔を開き、それによ・ト水晶体(すいしょうたい)の状態を調べたり眼底検査(がんていけんさ)などを行います。

散瞳薬を目に入れると、およそ15~30分くらいで瞳孔が大きくな・トきます。大きく開いた瞳孔は遮る物がなくなり光がどんどん入・トきます。正常な状態では光が多いところでは瞳孔を小さくして調節しますが、薬の影響でそれができないため通常より眩しく感じ視力が低下します。また、ピンホールが大きくなるため照準があわせ・炭、近くのものもぼやけてかすんでしまいます。

この状態は、6時間程度続くといわれています。その反面、光の入り口が広が・トいる状態なので、目の奥まで肉眼的にも調べらキとができるようになります。散瞳検査が必要な病気や症状はたくさんあり、眼科では一般的に行われています。

まず、目の前をごみのようなものがちらちらと飛んでいるように見える飛蚊症(ひぶんしょう)をはじめ糖尿病(とうにょうd・う)や高血圧(こうけつあつ)の人、白内障(はくないしょう)による手術を受ける人、視力の低下を感じている人や視野が欠けている人などがあります。

こうい・スなんらかの原因を持・トいる人は、散瞳検査によ・ト目の隅々まで検査すらキとが必要です。通常では見えない目の奥の眼底とよばれる部分や網膜(もうまく)の状態を知るには、散瞳検査が非常に重要です。

ただし、散瞳検査を行うと目がかすんだりして一時的に視力に障害が起こります。ですから、しばrYは車の運転は避けたほうがよいといわれています。数時間で薬の散瞳効果は切れますのでその間は注意が必要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.