視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

複視(ふくし)

複視とは、1つしかないはずのものが2つに見えてしまう状態をいいます。

複視は、符Gレだと1つに見えるのに両目では2つに見える両眼複視(りょうがんふくし)と、符Gレで見ても2つに見える片眼複視(へんがんふくし)の2つのタイプがあります。

目は筋肉がバランスよく働くことで円滑に動き、いろいろな方向に向けてピントを合わせらキとができます。

ところが何らかの原因でこの筋肉を司る神経に障害が起こり筋肉が動かなくなると、複視の症状が現れてきます。

これを眼筋麻痺(がんきんまdFjとよdア符Gレでは1つに見えますが両目で見ると2つに見える両眼複視の状態になるのが迭・です。このような眼筋麻痺になる原因としては、脳血管疾患(のうけ・ゥんし・ゥん)や糖尿病(とうにょうd・う)による神経の異常、腫瘍などで神経が圧迫されている場合や神経の炎症や視神経にかかわる血管の異常、外傷などが挙げられます。

また符E福フ目だけで見てもものが2つに見える片眼複視は、乱視や白内障(はくないしょう)、眼科の病気が原因である可能性があります。複視の症状が出たら、まず原因を突き止めなんらかの病気が見つか・ス場合は優先的にその治輸sいます。

また、複視による見え方を改善するためのプリズム眼鏡とよばれる哲黷ネ眼鏡を使用する方法や、眼鏡に複視矯正用(ふくしきょうせいよう)の哲黷ネ膜を貼る方法があります。

こうい・ス方法が出来ない人には、符E福フ目を見えにくくする遮彪戟iしゃへいまく)とよばれる膜を眼鏡の符E福ノ貼らキとで症状を緩和します。

ものが二重に見える症状に気付いたら、まず眼科で詳しい検査を受けらキとが大切です。陰に重い病気が隠れていらキともありますので、早めにきちんとした診断を受ける必要があります。複視の原因を突き止めらキとで、適切な治涌@や矯正法を選択すらキとができます。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.