視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

老視・老眼(ろうし・ろうがん)

老視とは、一般的には老眼といわれ、姥﨟iかれい)と共に近くのものが見えにくくなる状態をいいます。

通常目は、近くのものを見るときに毛様体(もうようたい)という筋肉が伸d┸り縮んだりすらキとで水晶体(すいしょうたい)の厚みを変え、外から入る光の屈折を大きくしてピントを合わせようとします。

しかし老視になると、水晶体の柔匂タがなくなり厚みを調節する機能が衰えてきます。そのためなかなか水晶体が厚くなもyにうまくピントを合わせらキとができず、近くのものが見えにくくなるのです。この状態は、40歳くらいから徐々に現れ始めます。

老視の場合、遠くを見るときは水晶体を厚くする必要がないため見えにくくならキとはありませんが、およそ30cmより近くにあるものは見えにくいといわれています。

同じような症状のものに遠視がありますが、老視は水晶体の調節異常によ・ト起こるものであり、遠視は水晶体の屈折異常が原因のためそれぞれ異なるものとして考えます。

遠視の人は老視になるのが比較的早めで、近視の人は遅めだといわれています。近視の人は元々近くを見るようにピントがずれているため姥薰ニ共にずれの位置がちょうどよくな・ト老視にはならないといわれらキとがありますが、これは見かけ上老視でないだけで踀ソ的な目の老化は進んでいます。

老視は、主に眼鏡やコンタクトレンズによ・ト視力の矯正(きょうせい)を行います。どちらも近くだけを見やすくするタイプや遠近両用と呼ばれるタイプがあります。それぞれに利点や欠点がありますので、自分の生活スタイルに合わせたものを選ぶのが大切です。

過度に調節しすぎると疲れ目などを起こすことがあります。また、最近では老眼治輸Jメラという外科的な処置によ・ト老視を矯正する方法もあります。しかし、保険適用でないため高額であらキとや、まだ一部の専門医でしか手術すらキとができないため一般的にはあまょ@及していないのが現状です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.