視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

遠視(えんし)

遠視とは、外から入・トきた光が網膜(もうまく)や水晶体(すいしょうたい)で屈折したときに、網膜より後ろでピントを合わせてしまうために近くのものも遠くのものもぼやけて見える状態をいいます。

近視と逆で遠くがよく見えて近くが見えないと思われがちですが、踀
ロはそのどちらにも見え方の障害が現れます。

はじめのうちは、遠くても近くても目の調節機能が働いてそれほど障害を感じません。しかし中期の遠視では、遠くのものはそれほど障害を感じませんが近くのものがぼやけて見えます。

さらに進行すると、遠くも近くもぼやけてしまう状態になります。したが・ト、近視よりも視力の矯正(きょうせい)が必要な状態といえます。

一般的には、遠視は視力がよいことだと誤解されてしまいがちです。釘ノ子供の場合はもともとが遠視気味なので、多少遠くにあるものでもは・ォりと見えます。

しかし気付かないうちに徐々に遠視が進行していくと、やがて目を細めてものを見るようにな・スり、目が中心に寄・トしまう内斜視(ないしゃし)や著しく視力に障害がある弱視(じゃくし)などのような視力の低下をもたらす場合がありますので、注意が必要です。

遠視の視力矯正には、眼鏡やコンタクトレンズを使う他、レーシックなどの屈折異常を矯正する手術も効果的だといわれています。

また、遠視の人は眼精疲労(がんせいひろう)なども引き起こしやすいとされています。遠視の原因には、屈折異常によるものと眼軸(がんじく)とよばれる目の奥行きが短いために起こるものの2つがあります。そのどちらが原因かを専門医による検査で確認して、適切な治輸竡距ヘ矯正を行うことが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.