視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

屈折性近視(く・ケつせいきんし)

屈折性近視とは、目の大きさによる網膜(もうまく)までの長さは正常であるにDかわもy、水晶体(すいしょうたい)が近くを見ている状態で固ま・スために光の屈折が正常に行えず近視にな・スものをいいます。

その原因は、パソコンやテレビなどを近くで見続けたために、水晶体そのものが厚くな・スまま固定化された状態になるためです。この状態になると、遠くにあるものはぼやけて見えてしまいます。

初期の段階では、長い時間近くを見続けらキとで水晶体の厚みを調節する毛様体(もうようたい)という筋肉が伸d┸ままになります。すると、見続けようとする水晶体は厚みを維持した状態になり、元に戻りにくくなります。これがいわゆる仮性近視とよばれる状態です。

しかし、この毛様体が伸d┃・スままの状態がさらに続くと、水晶体は慢性的に厚いままで戻らなくなり屈折性近視になります。この状態になると、遠くにある像が光として角膜(かくまく)に入・スときに大きく屈折して網膜より手前でピントが合・トしまうために、遠くのものはぼやけて見えてしまいます。

屈折性近視にな・トしま・スら、眼鏡やコンタクトレンズなどによ・ト視力の矯正(きょうせい)が必要になります。ただし、原因とな・ス生活習慣を改善できれc。叝岦カ活で予防や対策ができます。

パソコンやテレビ、ゲーム、読書など目を使うときに距離や時間に気をつけ、時々休憩を入れて目を休ませらキとが大切です。また遠くを見るなどして毛様体の緊張を解いてやらキとや、部屋の明るさなども注意すると効果的です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.