視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

軸性近視(じくせいきんし)

軸性近視とは、角膜(かくまく)や水晶体(すいしょうたい)が持つ光を屈折する力は正常であるにDかわもy、目のサイズが水平方向に長いために網膜(もうまく)の手前でピントが合・トしまう状態をいいます。

したが・ト、遠くの物がぼんやりとしか見えません。軸性近視では、眼球そのものの奥行きが長くな・トしまいます。その長さは個人差があり、長くなるほど網膜までの距離が遠くなるため近視は強くなります。

軸性近視の原因は、遺伝が大きく関与しているとa曹墲黷ワすが、まだは・ォりとしたことはわか・トいません。生まれたときに既に撤ォとして持・トいて、大きくなるにつれて目の奥行きが通常より大きく成長したと考えられています。

ですから、この病気の発症は最も体の成長が大きい子供時巣Hら思春期にかけての間に多いといわれています。このようなことから、根本的な治輸ヘ難しいのが現状です。

軸性近視で治輸sう場合、持・トいる目のサイズは変えらキとができません。そのため、視力の矯正(きょうせい)を目的として角膜の屈折する度合いを変えるなどの治輸sいます。

しかし軸性近視の場合、眼球が通常のサイズより奥へと大きくな・トいるので網膜も同時に引き伸ばされ薄くな・トいます。

このことは、目そのものが大きなリスクを背負・トいmスを意味します。薄くな・ス網膜は衝撃に祉L、出血や網膜剥離(もうまくはくり)などを起こしやすい状態にあるのです。

したが・ト、軸性近視と診断されたi、力の矯正だけでなく、定期的な検査を受けらキとが大変重要となります。網膜を損傷すると永久的に視力の障害が残る恐れもありますので、必ず医師の指示に従うことが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.