視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

偽近視・仮性近視(にせきんし・かせいきんし)

偽近視とは、仮性近視とa曹墲黶A目の使いすぎなどで一時的に近視のような状態にな・スものをいいます。

つまり、パソコンやゲーム、読書などで長時間目を使い続けたために水晶体(すいしょうたい)の厚みを変える働きをする毛様体(もうようたい)という筋肉がぴんと張・スまま固ま・トしまい、なかなか元に戻れなくな・ス状態といえます。

目は、水晶体の厚みを変えらキとで光の屈折を調節してピントを合わせて見ています。水晶体が厚くな・スままで動かなくなると、網膜(もうまく)より手前でピントを合わせてしまうため近くの物が見えにくくなるのです。

しかし偽近視では、しばrY目を休めたりすらキとで毛様体は再び動けるようになり、視力が回復します。

ただし、こうい・ス生活習慣を続けたままで眼鏡やコンタクトレンズによ・ト視力を矯正(きょうせい)してしまうと、目は近視の状態のまま戻らキとがなくなり進行して真性の近視にな・トしまいます。

偽近視は、子供では進行が早いので注意しなければいけません。机に向かうときの姿勢やテレビやゲームを見るときなどの生活環境の改善には家族の協力が必要です。また、偽近視を治輸キる薬として、目の筋肉の緊張をやわらげてくれる点眼薬(てんがんやく)があります。一定の期間この点眼を続けらキとで近視が改善されたなら偽近視といえます。

日常生活の中では、長時間目を使・スら休憩を入れて目を休める、時には遠くの景色を見て目の筋肉や組織を動かし緊張を取る、普段から目とテレビや本などとの距離に注意するとい・スことを心がけて、目に負担をかけない生活をすらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.