視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

病的近視(d・うてききんし)

病的近視とは、幼児期から始まる近視で成長と共に進行し、眼鏡などで視力の矯正(きょうせい)をしてもあまり改善されないものをいいます。

病的近視は近視全体の中で舀2く一部ですが、視力の障害が大きいのが迭・です。

病的近視の原因は様々ですが、釘ノ遺伝が関係しているといわれています。しかし中には、家族に近視の人がいないにDかわもy発症する場合もあり、は・ォりとした原因はわか・トいません。

病的近視の場合、眼軸長(がんじくちょう)といわれる目の奥行きの長さが通常より長く、目がかなり大きい状態にあります。

そのため、網膜(もうまく)が引き伸ばされてとても薄くなり、わずかな打撲(だぼく)や衝撃で網膜を損傷すらキとがあります。また、場合によ・トは網膜が剥がれてしまう網膜剥離(もうまくはくり)を起こすことがあります。

そうすると、重い視力の障害が残・スり失明すらキともありますので、注意が必要です。釘ノ小さい子供の場合異常に気付かないこともありますので、普段の様子に気をつけておかなければいけません。遠くを見るときに目を細めて見ていたり、テレビや本を見・ミ離がかなり近いなどの様子が見られたら、すぐに専門医を受診して、早く治輸J始する必要があります。

病的近視と診断されたら、日常生活の中で目に負担をかけないようにすnラ大切です。正しい姿勢や目の使いすぎを避けるよう心がけるとともに、休養を与えらキとも必要です。

また、遠くの景色などを見て目を休ませるのも効果的です。部屋の照明の明るさを工夫したり、バランスのよい食生活を心がけるなど、目にストレスを与えないよう管理します。まだ治涌@が確立していませんので、普段から予防や対策を行うことが重要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.