視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

角膜移植(かくまくいしwb)

角膜移植とは、何らかの原因で角膜に異常が生じて治輸ノよる回復ができない場合に、新しい角膜と取り替える治涌@をいいます。

この回復できない角膜の異常とは、本来透明であるはずの角膜が濁・トしま・スり、何らかの原因で角膜による屈折に異常が起こり網膜上に正常に像を写すことができなくなる、角膜に穴が開く、とい・ス状態をいいます。この状態になると、視力に明らかな異常が見られ回復する見込みはありません。

現在人工の角膜はありませんので、角膜移植に使われる角膜はすべて亡くな・ス人からの移植になります。生前に角膜移植に同意した人の中から適合する人をみつけて移植します。

しかし、日本国内のアイバンクだけでは不足していて海外に協力を求めているのが現状です。

角膜移植の原因となる病気で最も多いのが、円錐角膜(えんすいかくまく)という病気です。これは思春期の若い人に多く見られる病気で、角膜が薄くな・ト真ん中が盛り純Iり変形してしまうため視力に障害が起こります。重症にな・トコンタクトレンズでは矯正できない場合に、角膜移植によ・ト視力を回復します。

また、高齢者に多いのは角膜白尿iかくまくはくはん)という病気です。これは、以前角膜炎を起こしたことのある人の目に炎症の痕(あと)が残・トいて視力障害を起こすものです。

その他、角膜の中に水がたまる水泡性角膜症(すいほうせいかくまくしょう)や、眼の中に誤・ト薬品やセメントなどが入・トしま・ト強い炎症を起こした瘢痕(はんこん)が原因とならキともあります。

角膜移植後のケアはとても重要です。角膜をごく細い糸で縫い合わせてあるため衝撃に非常に祉L、また感染も起こしやすい状態にあります。ですから、医師の指示に従・ト確踀ノ定期検診を受け、点眼薬(てんがんやく)などのケアを行うことが大切です。少しでも異常を感じたら、できるだけ早く受診すらキとが必要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.