視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

老眼治輸Jメラ(ろうがんちりょうかめら)

老眼治輸Jメラとは、角膜(かくまく)の中に埋め込んで老眼の視力矯正(しりwbきょせい)を行うための超小型のカメラです。

黒い輪のような形をしていて、大きさはコンタクトレンズよりも小さくできています。輪の真ん中の穴部分がピンホールの役目をすらキとで、老眼では見えにくい近くのものが見えるよう設計されています。

老眼治輸Jメラの手術は、符Gレのみで30分程度で終わります。レーシックでも使われているフェムトセカンドレーザーという高精度のレーザーで角膜にポケットとよばれる挿入口を作ります。そこに老眼治輸Jメラを挿入し、点眼(てんがん)で輯ナをして手術は完了です。

このカメラは、ちょうど虹彩(こうさい)の部分を覆うような形で挿入されますので、外見的にも違和感がありません。また、術後であ・トもカメラを取り出すことが可能です。

ただし、適用できる場合が谀轤黷トいます。

裸眼(らがん)の状態で近視や遠視、乱視などの屈折異常がほとんどない老眼であらキと、

白内障(はくないしょう)や翼。熄瘁iりwbないしょう)などの基礎疾患を持・トいないこと、

レーシックを受けたことのない人、

そして術前の検査によ・ト可能と認められた場合とな・トいます。

カメラ挿入後は、定期的な検査を必ず受ける必要があります。医師の指示に従・トメンテナンスを行うことが大切です。

ただし、老眼治輸Jメラはまだ新しい視力矯正法ですので手術を行える医勇@関も少なく、ごく一部の専門医でしか受けらキとができません。保険適用ではありませんので費用も高額です。ですから、し・ゥりと説明を受け、納得した上で手術をうけらキとが重要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.