視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

視力回復トレーニング(しりwbかいふくとれーにんぐ)

視力回復トレーニングとは、視力の障害を回復すらキとを目的として行う民間涌@的な方法です。

手術などによる回復法や眼鏡(めがね)、コンタクトレンズなどを用いる機械的な回復法などとは異なり、視力回復する方法としての科学的な確証は得られていません。しかし、中にはその効果を報告されているものもあり、必ずしも効果のないものとは言い切れません。

目は、外から入・トきた光を角膜(かくまく)や水晶体(すいしょうたい)で屈折させてその像を網膜(もうまく)上に映し出します。この時、毛様体(もうようたい)という組織が水晶体を引3」・スり緩めたりして厚みを変えらキとで網膜にピントをぴ・スり合わせます。

しかし、この働きがうまくいかないと網膜に映る像はぼやけたりして視力に異常がみられるのです。そこで、毛様体の機能を向純Vらキとを目的とした様々なトレーニング法が伝播されています。

最も一般的な方法には、遠方を紀求iぎょうし)するトレーニングがあります。最近では日常生活でパソコンやテレビなどを長時間見るために近視になる人が増えています。そのため瞳孔(どうこう)が小さくな・スままの状態が続き、毛様体の動きが鈍くな・トしまいます。

そこで遠くにあるものを見て瞳孔が開いた状態を作り、その後また近くを見て瞳孔を閉じる、とい・ス動作を繰り返すことにより毛様体の動きを柔軟にしようとするのがこの方法です。

また、ものをぼやけて見えるところに置いて徐々にぼやける位置を遠くする方法や、眼球を上下左右によく動かして運動させらキとで周囲の筋肉を柔らかくして目の疲れや帰閧ニろうという方法などがあります。

いずれも手軽にできる方法ですが、中には視力回復トレーニングを専門に取り純Oているサイトや本、団体などもあります。必ずしも視力の回復が得られるわけではありませんが、いずれも目をより長く快適に使うためにはよいトレーニングですので日常の習慣の1つとして取り入れるといいでしょう。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.