視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

イントラ角膜リング(いんとらかくまくりんぐ)

イントラ角膜リングとは、これまで視力矯正手術(しりwbきょうせいしcUゅつ)ができなか・ス円錐角膜(えんすいかくまく)とよばれる角膜の形の異常に対して初めて効果を期待できるようにな・ス手術です。

この円錐角膜とは、角膜が薄くなるために表面が飛d双してきて円錐状になる病気です。その状態には個人差がありますが、進行すると乱視がひどくなり角膜移植(かくまくいしwb)が必要になる場合もあります。

こうい・ス病気を持つ人には、レーシックなどの視力矯正手術を行うことができません。イントラ角膜リングは、このような異常のある角膜の中に半円状のリングを入れて角膜の形を正常に近い形に変えらキとで視力を矯正します。

最近では高性能のコンピュータによ・トプログラムされたレーザーを使いますので、以前よりも蠀Sで正確になりました。

イントラ角膜リングは、2つの半円からできています。その厚みは様々で哲黷ネプラスチックでできています。これを装着すらキとで、コンタクトレンズでは視力を改善できなか・ス人やコンタクトを使えない人の視力を改善できりt、円錐角膜の進行を遅s_らキとができます。

また、このリングは激Hら取り出すこともできますのでトラブルや視力の改善がなか・ス場合でも元に戻すことが可能です。

ただし、イントラ角膜リングの挿入術(そうにcCじゅつ)ができる医勇@関は現在のところ谀轤黷トいます。また、必ずしも視力を回復できない場合や思・スほど効果が出ない場合もありますので、専門医とよく相談し納得した上で手術を行うことが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.