視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

エピレーシック(えぴれーし・ュ)

エピレーシックとは、角膜(かくまく)を薄く削らキとによ・ト光の屈折の異常による視力の障害を矯正(きょうせい)する手術をいいます。

同じような手術にレーシックがありますが、より適用できる範囲が広くな・ス方法といわれています。

エピレーシックの手術は、まずエピケラトームという機械で角膜の表面をフラップとよばれる蓋状にごく薄く剥がします。次にエキシマレーザーという哲黷ネレーザーによ・ト角膜内部を削・ト厚みを変えらキとで光の屈折を調整します。

この時剥がしたフラップは数日で剥がれ落ちて、新しい角膜の表面組織である上皮(じょうdFjが再生してくるので、術後の後遺症が少なくなりました。レーシックに比べると、形成するフラップの厚みが非常に薄くてすむので、これまで不可能だ・ス角膜の薄い人でも手術が可能になりました。

このようにエピレーシックは、角膜の表面が新しいものに生まれ代わりますから健康な角膜と同じように外からの衝撃に強いのが迭・です。そのため、格闘技やボクシングの選手などが希望すらキとが多いようです。

しかし、新しく再生した角膜上皮に時として濁vb見られたり、術後に痛みを感じらキとがあります。cハ、再生した角膜に濁vbできると視力に障害が残り治らキとはありません。

また、ハロやグレアと呼ばれ夜間に光がまぶしく見える障害がみられらキとがあります。場合によ・トは、視力が回復したにDかわもy再び低下すらキともあります。

これらは、レーシックやPRKでもみられる合併症として知られています。ですから、手術を行う前には、こうい・ス合併症や副作用などを把握し納得した上で行うことが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.