視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

イントラレーシック(いんとられーし・ュ)

イントラレーシックとは、高い精度の医浴~pレーザーを用いて行う視力矯正術(しりwbきょうせいじゅつ)です。

同じようなものにレーシックがありますが、使用するレーザーの種類が異なゆホ度が高くなりましたので、蠀S性も高くな・ス方法といわれています。

手術の方法は、レーシックと同じように角膜(かくまく)の表面をフラップとよばれる蓋状(ふたじょう)に剥がし、踀ソ層といわれる角膜の内側を削り、最後にフラップを閉じて角膜自体の厚みや形を変えらキとで屈折率を矯正します。

これまで一般的に行われてきたレーシックでは、このフラップを形成するときに完全に切り離さず一部が繋が・ス状態にしておきます。しかし、誤・トフラップを切り離してしまうトラブルが起こらキとがありました。

イントラレーシックで用いる医浴~pレーザーは、非常に精度が高くコンピュータ制御によ・トマイクロメートル単位で手術を行いますので、こうい・ストラブルが起こりにくく蠀S性が高くな・スと評価されています。

また、レーシックで術後に多く見られるドライアイがあまり起こらないことや、視力矯正の効果がさらに高ま・スこと、角膜の形が極端でこれまで手術が出来なか・ス人も可能にな・スことなどがメリットとして挙げられます。

このようにイントラレーシックでは、最新の高精度コンピュータによ・ト非常に細かい設猪bできますので、個々に合・ス視力矯正が可能となりました。

ただし、レーシックと同様に一度削・ス角膜を元に戻すことはできません。また、重い全身疾患や目の病気のある人、妊娠中の人や角膜の薄い人には適していません。前も・ト細かい検査を行・ト適しているかの判断が必要になりますので、必ず専門医を受診し納得してから手術を行うことが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.