視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

レーシック(れーし・ュ)

レーシックとは、角膜(かくまく)の屈折異常による近視などの視力の矯正(きょうせい)をするための手術です。

現在世界中で行われている手術で、日本でも2000年に当時の厚生省の認可がおりました。

近視は、角膜に入・トきた光の屈折が大きすぎて、網膜(もうまく)より手前でピントを合わせてしまいます。そのため遠くのものが見えにくいという視力の障害があります。

そこでレーシックでは、エキシマ・レーザーという哲黷ネレーザーを使・ト角膜を薄く削り、屈折率を変えらキとで視力を回復します。これまで視力の矯正は、眼鏡やコンタクトレンズに頼・トいましたが、レーシックは新しい視力矯正法として注目を浴d・います。

レーシックの方法は、まず角膜の表面をフラップとよばれる蓋状(ふたじょう)に薄く剥がします。次に踀ソ層といわれる角膜の内側をレーザーによ・ト薄く削・ト形を変え、最後にフラップを元の位置に戻します。この手術のメリットは、痛みがほとんどなく翌日には視力が回復できらキとや、感染の危険性が少ないこと、眼鏡やコンタクトの煩わしさかがなくならキとなどが挙げられます。

しかし、レーシックによ・ト削・ス角膜は二度と元には戻せないという大きなデメリットもあります。中には、レーシックによ・ト一時的によくな・ス視力が逆戻りしてしまうことや、矯正が強すぎて疲れ目や肩こりなどを引き起こすことがあります。

また、ハロやグレアとよばれるレーシックの合併症(が・リいしょう)で、光の周vbぼやけたり眩しく見えるなど夜の視力に障害が起こらキとがあります。重いドライアイを起こすこともあります。

隠ヲて、手術でフラップを形成する際に、一部を繋が・スままにしておかなければいけないにDかわもy、誤・ト切り離してしまうトラブルが起こらキとがあります。その場合、フラップがきちんと元の位置に戻せなくなり視力の障害などの後遺症が起こらキとがあります。

従・ト、これらの後遺症や障害が出ても元には戻せないことを納得した上で手術を受ける必要があります。

また、レーシック手術はすべての人に適用できるわけではありません。17歳以下の成長途中の人や重い近視、乱視の人、重い全身疾患や目の病気を持・トいる人は手術できない場合が多いので、まず専門医に相談すらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.