視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

フェイキックIOL(フェイキックアイオーエル)

フェイキックIOLとは、有水晶体眼内(ゆうすいしょうたいがんない)レンズ手術とよばれる近視を矯正(きょうせい)するための新しい手術です。

近視の矯正にはこれまでいろいろな方法があり最近ではレーシックが話題になりましたが、フェイキックIOLはレーザーを使わない手術として注目を集めています。

もともとは白内障(はくないしょう)の手術として使われていた方法の応用で、永久コンタクトレンズとa曹墲黷髏l工のレンズを虹彩(こうさい)に接着します。

フェイキックIOLでは、角膜(かくまく)と水晶体の間に薄い人工のレンズを入れて入・トくる光の屈折の異常を改善します。この方法は、他の手術法が適さなか・ス角膜の薄い人や近視のひどい人でも可能ですので、広い範囲での近視の矯正に効果を期待できるといわれています。

また、従来の手術では夜間のものの見え方に異常がみられらキともありましたが、フェイキックIOLではほとんどみられません。もともとの組織には影響を与えらキとがありませんので、術後のトラブルや不蠀熄ュなくなりました。

手術自体は15分程度で終わり入院の必要はありませんが、符E福クつしか手術ができないというデメリットがあります。その上、角膜を数ミリ切開してレンズを挿入しますので、切開した傷が完治して視力がある程度の水準まで回復するには時間がかかります。

そのため、踀
ロに両目の視力が回復するまでには少し時間が必要となります。また、術激TばrYの間は、外からの刺激や衝撃から目を保護するために保護用の眼鏡をかけなければいけません。

ただし、角膜を直接削るなどの処置に比べると、術後に問走bあ・ス場合で・ンズを取り外して術前の状態に戻すことができるのは大きなメリットです。

フェイキックIOLの手術は、高度な技術が必要なためまだ専門・I少なく一般に普及していないため、その費用は高額です。今後普及に伴・ト蠀ュな・トくらキとは考えられますが、現在は符Gレだけで30~50万円程度必要とな・トいます。いずれにしても、信頼できる医師と相談の上で納得して行うことが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.