視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

コンタクトレンズ(こんたくとれんず)

コンタクトレンズとは、角膜(かくまく)に直接のせて屈折異常などによる視力の異常のの矯正(きょうせい)を行うレンズのことをいいます。

近視や遠視などの屈折異常になると、見たもののピントを網膜(もうまく)上で合わせらキとができないためにものがきちんと見えない状態です。そこでコンタクトレンズを着けらキとで、ピントを合わせる位置を網膜上に調節しては・ォりとした像が見えるようにします。

このレンズはお椀(わん)のような形をしていて、プラスチックで出来ています。コンタクトレンズには、ハードタイプとソフトタイプがあります。ハードタイプは、硬いプラスチックでできていて、角膜に酸素を通しやすく経済的であらキと、視界がよいことや乱視の矯正もできらキとなどのメリットがあります。

ソフトタイプは、水を含んだ柔らかいプラスチックで、目にぴ・スりとフィットして違和感が少ないのが迭・です。

コンタクトレンズを使用するに当た・ト注意しなければいけないのは、使用法を間違わないようにすらキとです。角膜に直接触れるものですから、輯ナを怠・スり指示通りの使用をしなか・ス場合、角膜を損傷したり感染症や炎症などの病気にならキとがあります。

適切な使用を怠・スためにアカントアメーバという微生物による感染や角膜潰瘍(かくまくかいよう)などを引き起こし、失明にいたるケースも増えています。

また、コンタクトレンズの装着には、多少の訓練や慣れが必要です。角膜に傷をつけてしまう場合や、コンタクトが原因のドライアイを訴える人も増えていますので、定期的に専門医による検診を受けらキとが大切です。

cハそれ以外に目の痛みやかすみなどの不快な症状を感じたら、早めに眼科を受診すらキとを心がけます。

最近では、カラーコンタクトのようにファッションの1つとしても使われるようになりました。しかし、直接目に触れる異物であらキとを忘れず、正しい使用と定期的な検査を行うことが重要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.