視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

眼鏡(めがね)

眼鏡とは、視力を矯正(きょうせい)したり目を保護するために目の前方を覆う物をいいます。

日本へは、1549年にフランシスコ・ザビエルが伝えたといわれています。一般的な眼鏡は、左右2枚のレンズをフレームで支える形とな・トいます。また、最近ではファッションの1つとしても使われらキとが増えてきました。

眼鏡の大きな役割は、近視や遠視、乱視、老視など外からの光を屈折する際に異常が生じて視力に障害がある場合に、レンズの凹凸(おうとつ)の調節によ・ト屈折を正常近くまで矯正して視力を取り戻すことにあります。

屈折の異常の状態や視力の程度は個人差がありますので、きちんとした検査を行い、その度合いに合わせたレンズを使用する必要があります。

通常、近視の矯正には凹レンズ、遠視の場合は凸レンズが適していますが、眼鏡のレンズではその両方に適用できh閭jスカスレンズとよばれるものを使用します。これは、凹レンズと凸レンズのどちらにも応用できて、人の顔の曲線にもフィットするよう開発されたレンズです。

また、眼鏡は目を保護する役割cォ・トいます。眼鏡をかけらキとによ・ト紫外線などの光から目を保護したり、ごみや粉塵(ふんじん)などが目に入るのを防止すらキとができます。

眼鏡はコンタクトと違い、直接目に触れらキとなく視力を矯正できますので、蠀Sで手軽な視力矯正の手段です。ただし、レンズの端は像が歪んでしま・スり、矯正された視野が狭い、面倒などのデメリットもあります。

また、過度に矯正するとそれが目にと・トはストレスとなり頭痛や疲れ目などの二次的な症状を引き起こすこともあります。眼鏡を使用する際には、きちんとした検査を行い自分の目の状態や生活スタイルに合・スものを選ぶことが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.