視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

角膜潰瘍(かくまくかいよう)

角膜潰瘍とは、角膜に起こ・ス炎症などの異常が角膜の表面だけでなく内部まで影響している状態をいいます。

つまり、角膜の中が濁・スりただれてしま・ス状態で、視力に影響が及んだり様々な目の異常が現れます。

角膜は本来保護機能によ・ト守られているものですが、何らかの原因で小さな傷ができるとそこから細菌やウイルスなどの病原体が中に入り込んでしまいます。そうすると角膜の内部で炎症が起こり、痛みやごろごろとした異物感(いぶつかん)、涙目(なみだめ)や光をまぶしく感じるなどの症状が現れてきます。

さらに症状が進むと角膜の中に膿(うみ)がたまり、外かもヘると黒目の中に白い点が見えらキとがあります。細菌やカビなどが原因の場合には、目やにが大量に出ます。それ以外にも、糖尿病(とうにょうd・う)などが原因とな・ト起きらキともあります。

角膜はものを見るためのレンズの役割をしているので、角膜の内部に潰瘍ができると視力に障害が現れます。そのため、表面的な角膜の炎症と比較すると症状が重いことが多く、治輸オても視力の障害が残らキとがあります。また、悪化すると角膜に穴が開いてしまい、失明する場合もあります。

角膜潰瘍の治輸ヘ、検査によ・ト感染の原因とな・トいるものを迭閧オ、それに合・ス点眼薬(てんがんやく)や眼軟膏(がんなんこう)、場合によ・トは点滴や内服薬などを使用します。

角膜に穴が開いてしま・ス場合は、角膜移植(かくまくいしwb)を行う必要があります。い・スん角膜に濁りなどができて視力の低下が起こると、治輸オても視力の回復は望めません。ですから、角膜潰瘍を疑われるときはできるだけ早く眼科を受診し、治輸nめらキとが重要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.