視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

翼「^菌感染症(りwbのうきんかんせんしょう)

翼「^菌感染症とは、翼「^菌という細菌に感染すらキとによ・ト、釘ノ眼科では角膜(かくまく)に重い炎症を起こした状態をいいます。

翼「^菌は、自然界の中に一般的にみられる細菌の一種です。もともと病原性(d・うげんせい)を持・トいますが、通常はほとんど感染すらキとがありません。しかし、病気や疲れなどで体の抵抗力の落ちている人が感染すらキとがあります。また、薬に対して抵抗力を持・ス翼「^菌に感染すらキともありますので、注意が必要です。

翼「^菌感染症による角膜の炎症は、コンタクトレンズを使用している人に見られらキとが多いといわれています。コンタクトレンズは専用の液で洗浄して使用するよう指示されていますが、この輯ナや洗浄が不十分だと細菌が入り込んで増殖(ぞうしwb)すらキとがあります。

常在菌(じょうざいきん)といわれどこにでも存在する翼「^菌は、水分の多いところを好みますので、コンタクトレンズの保管液の中で増殖するだけでなく、角膜にある小さな傷からい・スん眼の中に入り込むと角膜内で増殖を始め炎症を起こします。

こうして翼「^菌に感染すると、角膜が濁・スり膿(うみ)がたまるなどの症状が現れます。さらに悪化すると角膜潰瘍(かくまくかいよう)という重い角膜の病気にならキとがあります。

い・スん角膜が濁ると視力に傷害が残る恐れもあり、最悪の場合失明すらキともあります。ですから、コンタクトレンズを使用する際は、釘ノそのケアには注意が必要です。

翼「^菌による感染症は、翼「^菌が抗菌薬(こうきんやく)に対して耐性(たいせい)といわれる抵抗力を持・トいるものが多いため、全身を通して治輸ェ難しいといわれています。

抗生物質などを用いて治輸sいますが、中には複数の薬に対して耐性を持つ翼「^菌a曹ワすので、様々な抗菌薬を複合的に使うことによる相乗効果(そうじょうこうか)によ・ト治輸sう場合もあります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.