視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

結膜下出血(けつまくかしゅ・ッつ)

結膜下出血とは、結膜の下にある血管が破れて白目の部分が出血で赤くなる病気をいいます。

白目は強膜(きょうまく)とa曹墲黷ニても丈夫な膜ですが、その表面は薄い結膜で覆われています。この結膜にある細かい血管が何らかの原因で破れ、白目の一部または全体が出血で真1ヤになるのが結膜下出血です。

この出血の原因には、外傷や炎症、高血圧などがありますが、は・ォりしないことも多い病気です。姥薰ノよ・ト血管がもろくならキとも原因と1つとして考えられています。

結膜下出血があ・トも、その症状は比較的軽いため気・ゥないことがあります。多少の異物感を感じらキとはありますが痛みや目やになどの症状はほとんどなく、鏡を見たり他人に指摘されて気・ュことが多いようです。また、出血はあ・トも視力に影響が出らキとはありません。

結膜下出血は、咳やくしゃみ、飲み過ぎや月経などでも起こります。こうい・スものは釘ノ治輸フ必要もなく、10日から2週間で吸収し自然に治ります。ただし、出血を繰り返したりなかなか改善しないときは、止血剤(しけつざい)の注射を使うこともあります。

こうい・ス結膜下出血の中には、注意を要するものがあります。出血がなかなか州ヲないときには、眼の中に穿孔(せんこう)とよばれる小さな穴が開いていらキとがあります。この場合は感染などの危険性もありますので、急いでこの穴を閉じる手術が必要になります。

出血だけでなく痛みや涙目など他の症状を伴・トいる場合には、急性結膜炎の可能性もあります。その場合、他の人に感染しないよう注意する必要があります。

また、動脈硬化(どうみゃくこうか)や糖尿病(とうにょうd・う)、高血圧、血液に関わる病気がある場合にも、結膜下出血を繰り返し起こすことがあります。出血を繰り返す場合には、内科を受診してこれらの病気の有無を調べ、早めに治輸J始する必要があります。

このように、結膜下出血は日常生活の中でも起こりうるものですが、他の症状を伴・スり繰り返す場合は原因となる病気や外傷が隠れていらキとがありますので、必ず専門医を受診して原因を迭閧オ治輸sうことが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.