視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

眼精疲労(がんせいひろう)

眼精疲労とは、頑固な目の疲れや痛みが続き、その影響で全身的な異常も現れ日常生活に支障を来たした状態をいいます。

眼精疲労の原因は様々で、翼。熄瘁iりwbないしょう)や白内障(はくないしょう)による視力の異常やその手術後、ドライアイ、斜位(しゃい)や斜眼(しゃがん)などの見え方の異常、視野(しや)が狭まる眼瞼下垂(がんけんかすい)などが挙げられます。

これらの病気があると、目に負担がかかるだけでなく、よく見ようと無理な動作や力を使うために目以外の場所にまで負担をかけてしまいます。

また、近視や遠視、斜視や老視などの屈折異常では、よく見ようと目をこらしたり急に視力が低下して適応できないなどの他、目の状態に合・トいない眼鏡などによ・ト負担がかかる場合があります。

風邪や更年期障害(こうねんきしょうがい)、自律神経異常、歯科や耳鼻科関連の病気などが原因とな・ト起こらキともあります。

そして、現在最も多いのが目を酷使するために起こる眼精疲労です。パソコンやテレビ、ゲームなどが普及して、目を使う時間が大変長くなりました。そのため、目は常に酷使され、休む時間があまりない生活環境とな・トいます。

また、モニター画面から発せられる光は常に一定で明るいため、瞳孔(どうこう)は動きをやめ小さくな・スままの状態が長時間続きます。適度な動作を行えなくな・ス目は、疲れと乾燥で徐々に疲労が蓄積されていきます。

精神的なストレスも多い環境の中で、目から始ま・ス障害はやがて全身へと波及していきます。

眼精疲労による目の症状は、疲れやかすみ目、充血や痛み、涙目やまぶしさなどがあります。それと同時に、肩こりや頭痛、吐き気、めまい、倦怠感(けんたいかん)などの全身的な症状が現れ、日常生活に障害が現れてきます。

こうい・ス複合的な症状を感じたら、まずは眼科で眼精疲労の原因を調べる必要があります。陰に隠れた病気がないかをチェックし、病気がある場合はその治輸sいます。

病気が見つからなければ、目に負担のかかりa活を改善すらキとでかなり軽快できます。十分な休養を取るだけでなく、ストレスを発散するよう心がけらキとが大切です。ただし、日常生活の注意だけでは改善が望めない場合は、専門医に相談し、適切な治輸ッらキとが重要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.