視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

テクノストレス眼症(てくのすとれすがんしょう)

テクノストレス眼症とは、VDT症候群(しょうこうぐん)の1つとa曹墲黹pソコンなどのブラウザを長時間見続けらキとによ・ト起こる目の様々な障害をいいます。

釘ノ近年のパソコンやテレビゲームなどの普及によ・ト、患者数は年々増えています。テクノストレス眼症の主な症状は、目の疲れや充血、かすみ、ドライアイ、めまい、視力の低下などがあります。

それに伴い、長時間同じ姿勢をとるために肩こりや頭痛、胃痛やいらいら、便秘などの症状がみられらキとがあります。

また、モニター画面をじ・ニ見らキとによ・ト、気付かないうちに瞬き(まばたき)の回数は減少します。そのため、涙の量が減り角膜(かくまく)が乾燥してしまいます。乾燥した角膜は傷つきやすく、また感染を起こしやすい状態になります。

その他、ブラウザから放たれる光は自然光とは違い常に一定の明るさで眼の中へ入・トきます。本来明るさによ・ト大きさを調節している瞳孔(どうこう)は、常に明るい光が入・トくるために動きを止め小さい状態のままの時間が長くなります。従・ト、瞳孔の働きも悪くなり、視力の低下や疲れ目が引き起こされるのです。

このようなテクノストレス眼症の症状がみられる状態を放置すると、悪化して全身にまで支障を来たすことがあります。ただし、日常生活の中で予防や対策のできる病気ですので、生活習慣の改善を行うことが大切です。

例えば、ブラウザを見ている時間が長時間である場合は途中で休憩を入れ目を休めらキと、モニターの明るさをあまり明るくせず周囲と同じくらいに調節すらキと、瞬きを意識的に増やし乾燥を防ぐことなどが挙げられます。

また、机や椅子の高さを調節したり、バランスのよい食生活を心がけらキとも効果的です。現在社会問題化されている病気ではありますが、日常のちょ・ニした注意で予防や対策ができますので、疲れ目などを感じるようにな・スti活の改善を積極的に行うことが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.