視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

アカントアメーバ角膜炎(アカントアメーバかくまくえん)

アカントアメーバ角膜炎とは、アカントアメーバという微生物が角膜に寄生すらキとによ・ト起こる病気です。

角膜に起こる病気の中でも最も重い病気といわれています。これまでは、日本ではあまり知られていませんでした。ほとんどの場合ソフトコンタクトレンズの誤・ス使用法が原因で感染すらキとが多い病気です。

アカントアメーバは、健康な目にはほとんど感染しません。しかし、目にわずかな傷などがあるとそこから進入して増殖し、重い角膜炎を引き起こします。その最も大きな原因となるのは、アカントアメーバに汚染されたコンタクトレンズの使用です。

本来、コンタクトレンズは専用液で洗浄して使うものですが、中には水道水で洗・ト使用する人a曹ワす。そうすると、水道水の中にいたアカントアメーバがコンタクトレンズに付着します。そのコンタクトを装着すらキとで、アメーバが目に侵入してくるのです。

また、コンタクトレンズを着けたまま川や海などで泳ぐことで感染する場合もあります。アカントアメーバに感染しても、症状の進行はとてもゆ・ュりとしています。しかし、一旦進行すると傷みや充血がとても強く、涙もたくさん出るようになります。

次第に視力が衰え、最悪の場合失明に至らキともあります。海外では、コンタクトレンズの使用が原因の失明が増えてきています。その中にはアカントアメーバの感染によるものも少なかもy含まれています。

アカントアメーバ角膜炎の治輸ヘ、鏑ェないのが現状です。抗真菌薬(こうしんきんやく)などを使・ト治輸オたり、感染した角膜を削・ト除去したり移植するなどの手術も行いますが、踀
ロは治輸ェとても難しいといわれています。

また、日本では症例も少なく診断も困難なことも多い病気です。主にコンタクトレンズの誤・ス使用法が原因ですので、正しく使用して予防すらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.