視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

角膜ヘルペス(かくまくへるぺす)

角膜ヘルペスとは、ヘルペスウイルスが目に感染するために角膜に炎症を起こす病気です。

ヘルペスウイルスは口や顔に水泡(すいほう)を作るウイルスで知られ、もともと神経の中に潜んでいて誰B日常的に体内に持・トいます。しかし、日和見感染(ひよりみかんせん)とよばれ風邪や熱、ストレスや紫外線などで体の抵抗力が落ちたときに勢力を増し症状が現れます。

ヘルペスウイルスは、ほとんどの場合子供の頃に既に感染しています。ただし、感染しても無症状(むしょうじょう)であ・スり軽い症状で終わる人が多く、ほとんどの人はこのまま発症すらキとなく一生を終わりますが、中にはウイルスが何らかのき・ゥけで角膜まで到達して増殖するために様々な症状が起こる場合があります。

角膜ヘルペスを発症すると、目の痛みやまぶしさ、充血、涙やごろごろ感、視力の低下などが起こります。多くの場合、符E福フ目だけに発症します。

これらの症状は、治輸ノよ・ト軽快しても再発すらキとがほとんどです。こうした再発を繰り返すと、角膜が濁・トしまい視力に障害が残らキとがあります。

治輸ノは、抗ウイルス薬の点眼(てんがん)や軟膏(なんこう)を使います。しかし、感染の仕方によ・トは完治できず再発を繰り返します。一度発症すると、ちょ・ニした過労やストレスでも症状が起こらキとがありますので、体調管理にも気をつける必要があります。

再発を繰り返すことで角膜が濁・トしまうと、角膜移植(かくまくいしwb)などの処置が必要になる場合があります。角膜移植の10%は角膜ヘルペスが原因とa曹墲黷トいますので、再発を予防すらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.