視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

角膜感染症(かくまくかんせんしょう)

角膜感染症とは、一般的に黒目とよばれる角膜の部分が様々な微生物に感染すらキとで炎症などの障害が起こる病気をいいます。

通常、角膜は感染しないように保護機能が働いています。しかし何らかの原因でこの保護機能を超えて異物が入り込むと、感染症を起こしてしまいます。

角膜感染症のき・ゥけは、ごみや砂などが目に入・スために起こる外傷やコンタクトレンズなどで角膜に傷がついてしま・ス場合、ドライアイによる目の乾燥、ステロイドなどの薬剤を長期にわた・ト使用した場合などが挙げられます。

こうい・スことが引き金とな・トそこに細菌、カビなどの真菌(しんきん)、アメーバやヘルペスウイルスなどの病原体やウイルスが感染すらキとで炎症が起こります。

それぞれの感染のタイプによ・ト症状は少しずつ異なりますが、共通してみられるのは目の痛みやごろごろとした違和感、白目の充血や目やになどがあります。涙が止まらなか・スりまぶたが腫れるなどの異常が出らキともあります。

感染の度合いが軽い場合は、感染した微生物に適した点眼薬(てんがんやく)などで治輸オます。しかし、場合によ・トは点滴などで全身治輸ェ必要になる場合もあります。効果のある薬剤が谀轤黷トいるものや再発を繰り返すものもあり、その治輸ヘ慎重に行わなければいけません。

また、治輸ニ同時にき・ゥけとな・スコンタクトレンズや薬剤などの使い方を改善する必要もあります。角膜感染症は、悪化すると失明したり視力障害が残らキともある厄介な病気です。

早期発見早期治輸ェ重要ですので、目に違和感や痛みを感じたり目やにがたくさん出るなどの症状に気付いたらすぐに眼科を受診すらキとが大切です。また、目にごみなどが入・スときは無理にこすもy流水で流すなど、日常生活にも気をつける必要があります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.