視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

眼瞼下垂(がんけんかすい)

眼瞼下垂とは、上まぶたが必要以上に下に垂れ下が・ト目が開きにくくなる状態をいいます。

外観的には、正面かもヘたときに目を開けていてもまぶたが瞳孔(どうこう)を覆・ス状態にあります。そのため視野が狭くなり、し・ゥり見ようと眉を持ち純Oたり余計な筋肉や力を使・ト補おうとするため、肩こりや目の疲れを引き起こしたり頭痛や倦怠感(けんたいかん)を伴うこともあります。

眼瞼下垂の原因には、先天的なものと後天的なものが挙げられます。先天性の眼瞼下垂では、遺伝や生まれつき筋肉、神経がうまく機能しないことなどが原因として挙げられます。

後天的な原因には、様々なものがあります。姥薰ノよるものでは、まぶたを持ち純Oる筋肉が衰えたり批[が弛むことで起こります。次に、パソコンなどを長時間見らキとによ・ト目を酷使すらキとも原因の1つといわれています。

また、最近需要の多いコンタクトレンズを長年使・トいると、まぶたに負担がかか・ト下垂にならキとがあります。これは、装着の際にまぶたを引3」らキとやコンタクトによ・ト結膜(けつまく)に炎症を起こすためと考えられています。

アトピーなどの批[の病気や、アイメイクによ・トまぶたに負担をかけらキとも原因となります。

こうい・ス生活環境の父ヨサによる後天的な理由が原因の眼瞼下垂は、近年大変増えてきているのが現状です。また、眼瞼下垂の陰には別な病気が隠れていらキともありますので、軽く考えずに専門医を受診すらキとが大切です。

眼瞼下垂を改善するには、主に手術を行います。余分な批[を切除する方法や筋肉を切除したり重ね合わせる方法など様々な方法があり、その状態や原因に適した方法で行う必要があります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.