視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

深径覚異常(しんけいかくいじょう)

深径覚異常とは、物を立体として認識し遠近感を感じる機能に障害が出た状態をいいます。

深径覚は深視力(しんしりwb)や立体視(り・スいし)とa曹墲黶A見たものの厚みや大きさ、奥行きなどを認識する力であり、この力に異常があると車の運転などに支障が出る場合があります。しかし、日常生活ではそれほど障害を感じらキとはありません。

深径覚では、左右の目で見た微妙に違う像を脳で合成して立体感や奥行き感のある映像として認識させます。これを両眼視機能(りょうがんしきのう)といい、誕生から6歳ごろまでにほぼ完成するといわれています。

しかし、この時期に遠視(えんし)が原因で起こ・ス斜視(しゃし)や弱視(じゃくし)、左右の目の屈折率が大きく違うなどの障害があると、深径覚が正しく完成されず異常を持・スまま成長すらキとになります。この場合は、治輸煖ク正(きょうせい)も難しいといわれています。

これとは別に、斜位(しゃい)といわれる眼球の位置の異常や眼球がうまく動かない運動異常がある場合も、両眼視機能が正常に働かずに深径覚に異常がみられます。

これらの異常は通常では認識していないことが多いのですが、大型免許や二種免許誌・フ際に深視力検査と呼ばれる深径覚異常の検査があり、これによ・ト合格できない場合やはじめて異常に気付く場合もあります。この検査では、三桿法(さんかんほう)といわれる検査が行われ、両眼視機能の程度が調べられます。

深径覚に異常がある場合、状態によ・トは矯正が可能です。斜位や眼球の運動に障害がある場合には、個々に合・ス専用のめがねで両眼視機能を矯正したり、眼球運動の訓練などを行う事によ・ト改善を期待できます。

また、深径覚異常のあるスポーツ選手などが遠近感をつかむためにめがねなどで調整をする場合もあります。いずれも、細かい検査によ・ト障害の程度や原因を診断した上で矯正の方法を選択する必要があります。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.