視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

視神経炎(ししんけいえん)

視神経炎とは、外から集ま・トきた光情報を脳へ伝達する視神経が何らかの原因で炎症を起こし、正常な働きができない状態をいいます。

視神経炎では原因がは・ォりしないことも多いのですが、踀
ロにはそれほど一般的にみられる病気ではありません。

視神経炎を起こすと、急激に視力が落ちたり視野の真ん中が見えにくくなる中心・_(ちcCしんあんてん)とよばれる状態になります。中心・_が起こると、見ようとしているものがよく見えないため視界に不自由が生じてきます。

原因がは・ォりしているものには、ウイルスの感染や髄膜炎(ずいまくえん)、蓄膿症(ちくのうしょう)などの鼻の奥の炎症、多発性硬化症(たはつせいこうかしょう)などの中枢神経に関わる病気などがあり、若い女性に比較的多いといわれています。

この炎症は、符Gレに起こる場合や両目の場合があり視力障害の程度も様々です。軽い人ではそれほど障害を感じませんが、重い場合は失明すらキともあります。また、目を動かすと痛みを感じらキともあります。

視神経炎は、炎症が起こ・トいる場所によ・ト検査法が少し異なります。視神経が集まる視神経乳頭(ししんけいにcCとう)で炎症が起こ・トいる場合には、眼底検査(がんていけんさ)によ・ト診断できます。また、眼球の後ろ側で炎症が起きている場合には眼底検査では診断できないこともありますので、瞳孔(どうこう)や脳の光に対する反応を調べます。

時間と共に自然治癒(ちゆ)すらキともありますが、治輸ノは多くの場合ステロイド薬が有効とされています。また、原因とな・トいる病気が判・トいる場合にはその治輸熾
sして行う必要があります。それによ・ト炎症を早く改善できると共に、再発も予防できるといわれています。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.