視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

屈折傷害(く・ケつしょうがい)

屈折傷害とは、眼の中へ入・トきた光がなんらかの原因で角膜(かくまく)や水晶体(すいしょうたい)で正常に屈折されない病気をいいます。

そのため、正しい像が網膜(もうまく)へ写されず、踀
ロに見える映像が歪んでいたりは・ォりとしないなどの障害が起こります。

屈折傷害には、いくつかのパターンがあります。近視、遠視、乱視、老視があり、それぞれに見え方が異なります。近視では、外から入・ス光を強く屈折するため網膜より手前でピントが合うため遠くの物はぼやけて見えます。逆に遠視では、網膜より後ろでピントを合わせるため近くの物がは・ォり見えません。

乱視は、角膜表面に歪みがあ・ト目に入・トくる光を1ヶ所にまとめられず像が乱れてしまいます。老視は一般的には老眼と呼ばれ、水晶体そのもののピントを調節する力が老化によ・ト衰えたために起こります。

このような屈折傷害は、通常めがねやコンタクトレンズによ・ト屈折率を調節すらキとで視力を矯正(きょうせい)します。

ただし近視の中には、日常生活に注意すmスによ・ト予防や対策ができるものもあります。これは仮性近視と呼ばれ、パソコンやテレビ、ゲームなどを長時間あるいは近い距離で見続けるなど目を酷使すらキとから起こります。

その場合は、時々目を休めたり、遠くの山や星、自然などを見らキとなどを心がければある程度予防できます。しかし、遠視や乱視は予防できませんので、適切な方法での視力矯正が必要です。このような屈折傷害には遺伝によるものもありますが、現在のような生活環境によ・ト低年烈・熕iんでいます。

最近は自己負担による角膜の手術なども知られていますが、やq唐オがきかないため術後のトラブルを避けるためにcカ分の状態に適しているかどうかなどし・ゥりと相談し納得してから受ける必要があります。

また、視力回復法も多く伝播(でんぱん)されていますが、必ずしも効果があるとは谀閧ワせんので医師の診断を仰ぐことをお勧めします。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.