視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

トラコーマ

トラコーマは、クラミジアという微生物に感染すらキとによ・ト結膜(けつまく)に炎症を起こす病気です。

現在の日本ではほとんどみられませんが世界的にはとても患者数の多い病気で、釘ノアフリカやインド、中東など衛生環境の整・トいない国や地域に多くみられます。

初期では感染力が強く、感染した目を触・ス手との接触やタオルの共有、ハエによる媒介(ばいかい)などによ・ト感染します。

トラコーマは感染力が強いため、ほとんどの場合両目が感染します。感染すると1~2週間の潜伏期間を経て結膜に炎症が起こります。充血して赤くなりねばねばした目やにが出ます。

やや進行すると結膜にできた濾胞(ろほう)とよばれるぶつぶつが大きくなります。この頃には、トラコーマの迭・的な症状の1つである血管の増殖が始まり、新しくできた血管が角膜(かくまく)まで入り込み視界を妨げるようになります。この血管は病気の進行と共にさらに拡大を続け、次第に角膜全体を覆います。

また、結膜の炎症の跡が瘢痕化(はんこんか)し始めるとまぶたが内側に入り込んでさかさまつ埋・な・スり、ドライアイになります。さかさまつ埋・なるとまばたきの度にまつげが角膜に当た・ト傷をつけたり感染を起こします。こうい・ス症状により視力障害や失明に至る人が全体の5%にのぼるといわれています。

トラコーマはできるだけ早く治輸J始すらキとが重要です。その診断は、これまでの症状の流れや目の状態などを参考にすると共に、原因とな・ス細菌を調べらキとで確定できます。

また、治輸ノは抗生物質を使います。しかし、結膜や角膜などに障害が出ている場合には手術が必要にならキとがあります。トラコーマは細菌による感染症ですので、再d原染すらキとも多く、衛生環境を整え清潔に対する意識付けを行うことも予防のために大切なことです。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.