視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

視力喪失(しりwbそうしつ)

視力喪失とは、これまで見えていたものが何らかの原因で、ほとんどあるいは完全に見えなくな・トしまう視力の障害のことをいいます。

この視力の障害には程度があり、ま・スく見えない状態、明るさは識別できる状態、ぼんやりとは見えnラ鮮明には見えない状態があります。また、符E福セけに障害があるものや見えない部分が視野の一部か全部かの違いなどいろいろなパターンがあり、その程度は多様です。

視力喪失の原因も様々ですが、主に知られているものに糖尿病(とうにょうd・う)、翼。熄瘁iりwbないしょう)、白内障(はくないしょう)、トラコーマなどの感染症、怪我などの外的な傷害が挙げられます。

釘ノ糖尿病の合併症である糖尿病網膜症(とうにょうd・うもうまくしょう)は、糖尿病自体が自覚症状の少ない病気であらキともあ・ト、年々その患者は増えています。現在では、糖尿病網膜症が成人の失明原因のトップといわれています。

また、脳腫瘍(のうしゅよう)や脳出血(のうしゅ・ッつ)などの脳疾患によ・ト視力の喪失が起こる場合もあります。腫瘍などの病的部位が視野や視力を司る部分にできた場合には、その部分が支配している視野の一部が完全に失われます。

その他、網膜の病気である黄班変性(おうはんへんせい)では視野の中心が見えなくなりますし、符Cェ痛の人では頭痛発作が始まる前に一時的な視力喪失が見られらキとがあります。

日常生活の中でも、突然強い光に遭遇した時に一時的に視力が低下して見えなくならキとがあります。しかし、これは時間と共に改善しますので治輸フ必要はありません。

視力喪失は、その原因によ・トは永久的に視力を失・スままになる場合もあります。早期の検査によ・ト原因を突き止めると共に、適切な治輸≠ュ開始すらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.