視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

飛蚊症(ひぶんしょう)

飛蚊症とは、視界の中に糸や虫のような影がふわふわ飛んでいるように見える症状のことをいいます。

蚊が飛んでいるように見えるため、このような名前がついています。飛蚊症の正体は、水晶体(すういしょうたい)の中にある劣化した繊維組織(せんいそしき)です。

本来、硝子体(しょうしたい)は透明なゼリー状をしています。しかし、姥薰竡㈱O線などの外界からの刺激によ・ト剥がれた繊維組織が硝子体の中に浮かぶゴミのようにな・ト濁・トいきます。

この影が網膜に映し出されるために、視野の中に黒・ロい点や蚊のようなものがちらちらと見えるようになるのです。これらは生理的飛蚊症といわれそれほど害のないものですが、飛蚊症の中には他の病気が発端となり症状が現れるものもあります。

網膜剥離(もうまくはくり)や糖尿病(とうにょうd・う)による翼。熄瘁iりwbないしょう)、白内障(はくないしょう)や翼。熄痰ネどの術後の感染症などが原因の場合は、できるだけ早く治輸J始しなければ視力に障害が残る恐れもあります。

また、硝子体出血やぶどう膜炎など様々な病気が隠れていらキとがあります。飛蚊症はあくまでも症状の1つであゆꀀ因となる病気の事bかりになりますので、症状に気付いたら適切な検査を受けらキとが大切です。

飛蚊症の予防や対策としては、まず目にかかるストレスを軽減すらキとが必要です。パソコンやテレビなどはあまり長時間見ないよう心がけます。また、日中はサングラスを使用して紫外線などから目を保護するようにします。

飛蚊症はいくつかの要因が重な・ト起こらキともありますので、生理的飛蚊症と診断されても定期検査は怠らないことが重要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.