視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

眼瞼外反(がんけんがいはん)

眼瞼外反とは、眼瞼(まぶた)が外側にめくれたようにな・トいるために結膜(けつまく)が露出して乾燥してしまう病気です。

そのため、通常はまぶたの内側にある結膜が外界に直接接してしまい、乾燥したり細菌やウイルスなどに感染しやすい状態になります。また、目がきちんと閉じないほど重い場合もあります。このような外反が引き金にな・ト結膜に病気が起こり、視力の低下や障害、あるいは最悪の場合失明してしまうこともあります。

原因としては、姥薰ニ共にまぶたの周囲の批[がたるんで偏・トしまいめくれてしまう場合や、顔の神経が麻痺(まdFjしたために下のまぶたの緊張がなくなりめくれてしまう場合、また火傷(やけど)や紫外線などが原因で批[が縮んでしま・スために起こる場合などがあります。

眼瞼外反では、まず点眼薬(てんがんやく)や専用の軟膏(なんこう)を使・ト目の乾燥を防ぎ、外からの刺激が直接結膜や目の組織に当たらないようにします。

批[の偏vb原因の場合は、それを手術によ・ト修正すらキとで治る場合があります。この手術は30分程度で終わり入院の必要もありませんので、外反が気にな・スらまずは専門医に相談してみるといいでしょう。

ただし、この手術では修正しきれないほど批[が足りないケースや、火傷などの瘢痕(はんこん)が原因で批[が縮んで突3」・トいらキとが原因の場合には、批[移植(ひふいしwb)が必要にならキとがあります。

批[移植による治輸ナは、主に耳の後ろの目立たないところの批[を自家移植します。また、見た目に外反があまりにも目立・ト容貌(ようぼう)の改善が望ましい場合にも、見栄えをよくするために手術を行うことがあります。眼瞼外反の治輸ヘ、正常な目の機能を取り戻すだけでなく、外界からの刺激などから目を保護するためにも必要です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.