視力回復

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

翼。熄瘁iりwbないしょう)

翼。熄痰ニは、視神経に障害が起こ・ト視野が狭くな・スり制谀ウれてしまう病気です。

その主な原因は、眼圧と呼ばれる目の圧力が純I・トしまうことだといわれています。翼。熄痰フ原因となる眼圧の上昇は、房水(ぼうすい)と呼ばれる液体の流れと深く関係しています。

水晶体(すいしょうたい)と角膜(かくまく)の間を循環している房水の流れが何らかの原因で滞ると、この部分の圧力が純Iり硝子体(しょうしたい)を圧迫してしまいます。これによ・ト視神経が圧迫され、視野が欠けるなどの障害が出てきます。

翼。熄痰フ原因としてはこの他にも、目の怪我や角膜などの病気や炎症、網膜剥離(もうまくはくり)、内服薬などの副作用などが挙げられます。また、眼圧には異常のないタイプの翼。熄痰烽ꀀります。

翼。熄痰フ症状は、初期のうちでは目の中心やその近くにわずかに見えない部分ができます。ただし、目は両目で見たものを脳で映像として合成しますから符A、に障害が出ても気付かないことがほとんどです。

しかし、放置しておくと徐々にその見えない部分が広がり、そのうち日常生活に支障を来たすほどの視野の欠損が起こります。さらに進行すると失明すらキともあります。

翼。熄痰フ治輸ノは、点眼薬(てんがんやく)やレーザー治輸A外科的な手術などを状態に応じて行います。しかし、一度破損した視神経が元に戻らキとはありませんので、早期発見早期治輸ェ大切です。検査は眼科において、眼圧検査(がんあつけんさ)、眼底検査(がんていけんさ)、視野検査(しやけんさ)などを行います。

また、前述の病気以外でも姥薰ノよ・ト房水の流れが妨げられ発症する場合もあります。はじめは自覚症状がありませんので、40歳を過ぎたら定期的に眼科で検査をすらキとをお勧めします。また、少しでも視野の異常を感じたも誧冾ノ受診して検査を受けらキとが大切です。

スポンサード リンク

視力回復関連用語集

※このサイトの体験談に記載されている価格やキャンペーンの情報は当時のものです。最新の情報はクリニックのサイトにてご確認ください。また、レーシックによる効果は個人差があります。体験談と同じような結果がでることを保証するものではありませんのでご注意下さい。

[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.